ビューティ&サプリメントショップ「Red Clover」
フリーダイヤル0120-499-266(受付10:00~16:00)
よくある質問(お問い合わせ) 法人のお客様・卸販売に関して 買い物かご 会員ログイン
トップページ 商品一覧 取扱店舗一覧 ご利用ガイド サイトマップ 会社概要 無料会員登録

汗の臭いについて

汗の臭いについて

汗の臭いとは?

汗の臭いとは?暑い季節になると、誰でも汗の臭いは気になってしまいます。
夏場は自宅にいても汗をかくことが多いですが、運動をしたり、外出をするともちろん汗をかきます。そして、汗の臭いは、通勤中の満員電車やバスの中、エレベーターなどの狭い空間、会社など人の多い場所では特に周囲の人に気を使うことが多いと思います。
最近では汗の臭いを解消するためのエチケット用品も数多くあり、それを利用する人は増加傾向にありますが、それでも汗の臭いで悩んでいる人はたくさんいるようです。

では、なぜ体から汗が出るのでしょうか?

汗の一番大きな役割は体温を調節することです。
汗は皮膚表面から蒸発することによって熱を奪うという冷却効果があります。そのため、暑い日や、運動によって筋肉が熱くなっている時には、より多くの汗が分泌されます。

そのほか、唐辛子などの辛いものを食べたり、緊張した時やストレスを抱えた時にも汗をかきます。また、女性の場合は、女性ホルモンが汗を抑えているのですが、加齢とともに女性ホルモンが減少することで汗をかきやすくなると言われています。

汗の臭いは、個人差もありますが誰にでもあるものです。
汗臭さで悩んでいる方は、ニオイの原因をしっかりと理解して対策していくことが大切です。

汗の臭いの原因

汗は、エクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺から分泌されます。

エクリン汗腺は人間のほぼ全身にあり、そこから分泌される汗は99%の水分と1%の塩分でできていて、粘り気のないサラッとした汗です。汗のほとんどはエクリン汗腺から分泌される汗(エクリン汗)です。

本来、この汗自体に臭いはないと言われています。
しかし、皮脂や皮膚の常在菌と混ざり合って分解されることで、酸っぱいニオイを発生し、いわゆる汗の臭いの原因になると言われています。また、肉類や乳製品といった動物性たんぱく質や脂質を多く摂取していると、皮脂の分泌が増加してしまい、常在菌が繁殖しやすい環境になってしまうため、汗の臭いが強くなると考えられています。

一方、アポクリン汗腺から分泌される汗(アポクリン汗)は、脂質やたんぱく質などを多く含んでおり、乳白色で粘り気があります。この汗はわきが臭の原因になると言われています。

どちらも、皮膚の常在菌が繁殖することで臭いが発生すると言われています。

汗の臭いの予防と対策

汗の臭いの予防と対策汗の臭いを抑えるためには、身体を清潔に保つことが基本となります。皮膚の常在菌が繁殖しないように、汗をかいたらすぐにタオルで拭きましょう。乾いたタオルよりも濡れたタオルのほうが臭い対策に効果的なようです。薬用石けんなど、殺菌効果のあるもので身体を洗い、雑菌が繁殖しないようにすることも大切だと言われています。

衣服にも気を遣うことが必要です。速乾性のない素材は雑菌が繁殖しやすく、衣類そのものが臭くなると言われています。通気性や速乾性のある綿素材の衣類を着て、内側に汗をこもらせないようにすることがお勧めです。

汗の臭いの元となる雑菌は、肉類や乳製品に多く含まれる動物性たんぱく質や脂質などを栄養分として繁殖すると考えられています。肉類の摂取を控え、野菜中心のメニューにするなど、食生活の見直しによって体質を改善することも大切だと言われています。

関連コンテンツ【汗臭・汗のにおい】

におい 専門コンテンツサイトの「Deo smile デオスマイル」より


ページの先頭へ