ビューティ&サプリメントショップ「Red Clover」
フリーダイヤル0120-499-266(受付10:00~16:00)
よくある質問(お問い合わせ) 法人のお客様・卸販売に関して 買い物かご 会員ログイン
トップページ 商品一覧 取扱店舗一覧 ご利用ガイド サイトマップ 会社概要 無料会員登録

口臭について

口臭について

口臭とは?

口臭とは?口臭とは、口内の細菌によって発生するガスと、肺から出てくる臭気を含むガスが混じり、吐く息によって出されるニオイのことです。

口臭の悩みをもっている人は年齢を重ねるごとに増加する傾向にあります。
口臭は特別なものではなく誰にでも少なからずありますが、生活習慣や体内環境によってニオイの強さや種類が変わるため、程度には個人差があるようです。

家族・友人といった身近な人や、仕事で関わる人とのコミュニケーションなど、日常生活の中で口臭が気になる場面はたくさんあります。しかし、人から指摘されるまで自分では気付かないことが多いです。
また、口臭がきつくても、相手を気遣って指摘できないことも多いため、非常にデリケートな問題でもあります。ニオイの強い口臭はまわりの人に不快感を与えてしまうばかりでなく、対人関係にも影響を与えてしまう場合もあるので注意が必要です。

最近では口臭対策用の商品がたくさん売られていますが、口臭の原因は様々あり、自分の口臭の原因がわからなければ効果的な対策は難しいようです。まずは、自分の口臭の原因をしっかりと理解することが、悩みを解消する第一歩です。

口臭の原因

口臭の原因は様々なものがありますが、最も多いのは口内の不衛生によって増殖した細菌が、口の中の汚れ成分を分解して発生する揮発性のガスだと言われています。このガスは、口臭の原因となるだけでなく、虫歯や歯周病の原因にもなると考えられています。

また、細菌の働きだけではなく飲食物や嗜好品によっても口臭が発生します。とくに、ネギやニラ、にんにくなど臭いの強い食材を食べたときや、アルコールを摂取した時、たばこを吸った時などは口臭が強くなりやすいです。これは、臭いが口内に残ることももちろんありますが、体内で消化・吸収されたニオイ成分が血液を通り、やがて肺から呼気となって排出されるためだと言われています。

また、病気が原因で口臭が発生することも考えられます。
肺や気管支などの呼吸器系や、胃などの消化器系、肝臓、鼻などに疾患がある方、糖尿病の方など、様々な疾患によっても口臭が発生すると言われています。

そのほか、唾液には口内を洗浄・殺菌する作用があり、細菌の繁殖を抑制すると言われていますが、強いストレスを感じた時や、緊張している時、睡眠時、加齢などによって唾液量が減少すると、口内が乾燥するため、口臭がきつくなるようです。

口臭の予防と対策

口臭の予防と対策口臭予防のために、まずは歯ブラシや歯間ブラシ等で歯を磨き、口内を清潔な状態に保つといった日常的な対策が大切だと言われています。可能であれば毎食後に歯磨きをすることが理想的なようですが、それが難しい場合は、最低でも朝と夜の2回は時間をかけて歯磨きをすると良いそうです。ただし、食後は唾液の分泌量が多く細菌の繁殖が抑えられるため、食後すぐではなく、1時間ほど待ってから歯磨きを行うことが良いと考えられています。

唾液の分泌量を増やすことも口臭予防に効果的だと言われています。唾液を増やすためには、水分をたくさん補給することや、ストレスを溜めないこと、食事をよく噛んで食べること、舌を動かすことなどが良いそうです。また、口呼吸をすると口内が乾きやすくなるため、鼻呼吸のほうが口内の潤いを保ちやすいようです。

そのほかにも、アルコールやニオイの強い食べ物の過剰摂取といった食生活や、たばこを吸わないなど、生活習慣の改善を心がけることも口臭予防に効果的だと考えられています。

上記のような対策をしても口臭が改善されない場合は、病気が原因となっている可能性もあります。まずは専門の医師に相談してみる事が大切です。

関連コンテンツ【口臭】

におい 専門コンテンツサイトの「Deo smile デオスマイル」より


ページの先頭へ