ビューティ&サプリメントショップ「Red Clover」
フリーダイヤル0120-499-266(受付10:00~16:00)
よくある質問(お問い合わせ) 法人のお客様・卸販売に関して 買い物かご 会員ログイン
トップページ 商品一覧 取扱店舗一覧 ご利用ガイド サイトマップ 会社概要 無料会員登録

便臭、おなら臭について

便臭について

便臭とは?

便臭とは?

一般的に便臭には4大悪臭成分として、アンモニア、硫化水素、メチルメルカプタン、トリメチルアミンが挙げられます。その他にも、様々な悪臭成分が混じって、便臭という不快な臭いが作られています。

これらの悪臭成分は、体にとって有害物質であり、気化しやすい揮発性の成分であるという特徴があります。

普段の生活の中では、会社や公共施設のトイレで臭いが気になってしまったり、友人と旅行に行って同じ部屋に泊まった時に、不快感を与えないよう我慢してしまうこともあり、便臭に関する悩みや不安を抱えてしまうケースが多いです。

特に女性の場合は、トイレ待ちで並んでいることも多く、次の人のために便臭に気をつかうことも多いのではないでしょうか。

便臭は絶対に避けられないものです。公共の場においては、エチケットの一環として少しでもニオイを抑えるために便臭対策を取り入れることが大切です。

便臭の原因

便臭の原因

便臭が強いと感じる人は、便秘が大きな原因となっている場合があるようです。腸内に便が長時間とどまっていると、腐敗が進み、強烈な便臭を発生させます。また、食事の際に良く噛まずに飲み込むと、しっかりと消化されず、未消化の食物が体内に残ることで腐敗の材料になってしまうそうです。

ストレスも便臭を強くする原因の1つといわれています。ストレスによって胃の働きが悪くなると、消化酵素のペプシンがうまく分泌されず、未消化の食物が増え、腐敗の原因になってしまうようです。また、ストレスは小腸の働きにも影響を与え、便秘の原因になることもあるようです。

便臭は健康のバロメーターとしても機能しており、体調の良し悪しで便臭の強さや色も変わります。便臭が強くて色の濃い便が出るときは、腸内に悪玉菌が多く、腸内環境があまりよくない不健康な状態だと考えられます。

便臭の予防と対策

体臭や口臭といったニオイは、清潔を心がけていればある程度は予防できますが、便臭の場合は腸内環境のケアが必要になってきます。

腸内には【善玉菌】【悪玉菌】【日和見菌】の3種類の細菌が存在します。このうち悪玉菌が優勢になると、日和見菌も悪玉菌の味方になり、有害な作用を及ぼすことがあるといわれています。悪玉菌の影響で腸内環境が悪化してしまうと、消化機能が低下し、便秘になり、便臭が強くなってしまいます。腸内環境を整え、便臭を予防するためには、善玉菌を増やす必要があります。
腸内の善玉菌を増やすためには、食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌を多く含む食材を摂ることが大切だといわれています。

食物繊維は、穀類・豆類・海藻類などに
オリゴ糖は、タマネギ・バナナ・ハチミツなどに
乳酸菌はチーズ・ヨーグルトなどに多く含まれています。

肉類などは悪玉菌が増える原因になり、腸内環境を悪化させると言われているので摂り過ぎには注意しましょう。

食事以外に、適度な運動を行うことも便臭対策に役立つようです。体を動かすことでストレスが発散され、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)も活発になり、腸内環境の改善に効果的だと言われています。

便臭を予防するためには、食事をしっかりとよく噛んで食べ消化しやすくすること、腸内環境を整える食材を摂ること、適度な運動を実践していくことが大切です。

関連コンテンツ【便臭・おなら臭】

におい 専門コンテンツサイトの「Deo smile デオスマイル」より


ページの先頭へ