ビューティ&サプリメントショップ「Red Clover」
フリーダイヤル0120-499-266(受付10:00~16:00)
よくある質問(お問い合わせ) 法人のお客様・卸販売に関して 買い物かご 会員ログイン
トップページ 商品一覧 取扱店舗一覧 ご利用ガイド サイトマップ 会社概要 無料会員登録

加齢臭について

加齢臭について

加齢臭とは?

加齢臭とは

加齢臭とは人が年齢を重ねるにつれ発生する中高年特有の体臭の俗称です。

2000年12月に、大手化粧品メーカー資生堂により中高年特有のニオイの原因がノネナールという物質である事が発見されました。加齢臭という名称は「加齢により体臭も変化する」という概念を示す言葉として、この時つけられたものです。

一般的に加齢臭は「オヤジ臭」「おじさん臭い」などと言われることもあり、男性特有のものと思われがちですが、女性でも発生すると言われています。女性の場合、女性ホルモンの働きにより、加齢臭の原因であるノネナールが作られにくいため、男性に比べて加齢臭がわかりにくいようですが、ニオイの強弱はあっても加齢臭がしないわけではありません。

加齢臭が発生し始めるのは、男性では主に40歳前後から、女性では閉経後に増加傾向が見られるようです。最近では脂質の多い食生活や生活習慣の乱れにより、もっと若い年代でも加齢臭で悩んでいるケースが多いです。

加齢臭はどんなニオイなのか、なんとなく分かってはいても、はっきりと分からないという方も多いと思います。加齢臭は青臭さと脂臭さを併せ持っており、例えるなら、蝋燭(ろうそく)・チーズ・古本のような臭いに似ています。

加齢臭が発生しやすいのは、頭皮、小鼻の脇、首の後ろ、耳の後ろ、脇の下、背中など皮脂の分泌が盛んなところです。衣服の脇や背中部分のニオイが気になる方、枕から嫌なニオイがすると感じる方は、加齢臭が発生しているかもしれません。

加齢臭の原因

加齢臭の原因

加齢臭の原因となるのはノネナールという物質です。
ノネナールは、皮脂に含まれる不飽和脂肪酸(9-ヘキサデセン酸)が酸化・分解されることで発生します。若いうちはこの不飽和脂肪酸が皮脂にほとんど含まれていないのですが、加齢とともに増加していき、ノネナールの発生の原因になります。

また、コレステロールや中性脂肪といった脂質が活性酸素によって酸化することで過酸化脂質となり、この過酸化脂質が不飽和脂肪酸(9-ヘキサデセン酸)の酸化・分解を促進し、ノネナールが発生しやすくなります。

もともと日本人は、低脂肪高繊維質である和食中心の食生活により体臭が少ないことで知られていましたが、食生活の欧米化が進み、肉類や乳製品など動物性脂肪の多い食生活へ変化していったことで脂質が増え、ノネナールの発生にも繋がっています。

一般的に男性の加齢臭のほうがニオイが強いと言われていますが、それは男性ホルモンが皮脂腺の発達を促すことで、女性に比べて皮脂が大量に分泌されるため、ノネナールが発生しやすいからです。

そのほかにも、ストレスを感じると人間の体内には活性酸素が発生し、過酸化脂質が増加します。その結果、ノネナールの発生が増えてしまうこともあります。

加齢臭の予防と対策

加齢臭の予防と対策

まずは体を清潔に保つために毎日入浴することや、汗をかいたらタオルで汗を拭い、清潔な生活を心がけることが加齢臭対策のために必要ですが、外側からの対策だけでは加齢臭を防ぐことは難しいので、内側からの対策も必要になります。

食生活では、肉類など動物性たんぱく質や脂質を多く含んでいる食品を控え、緑黄色野菜を多く摂取することがお勧めです。ビタミンC、ビタミンEなどは抗酸化作用をもっている成分で、活性酸素を減らす役割があるため、過酸化脂質の増加を防ぎノネナールの発生リスクを抑えます。

また、ストレスを溜めない生活をするよう心掛けることが必要です。自分の趣味や適度な運動でストレスを解消することで、心と身体の健康を保つことも加齢臭の予防に繋がります。

加齢臭自体はミョウバン溶液である程度抑えることができるそうですが、まずは食生活や生活習慣の改善で加齢臭を予防することが大切です。

関連コンテンツ【加齢臭】

におい 専門コンテンツサイトの「Deo smile デオスマイル」より


ページの先頭へ