ビューティ&サプリメントショップ「Red Clover」
フリーダイヤル0120-499-266(受付10:00~16:00)
よくある質問(お問い合わせ) 法人のお客様・卸販売に関して 買い物かご 会員ログイン
トップページ 商品一覧 取扱店舗一覧 ご利用ガイド サイトマップ 会社概要 無料会員登録

汗の役割とは?

汗の役割とは?

杉山直和先生に聞く
ライフスタイルレシピ

いい汗と悪い汗

暑い夏が今年もきました。汗がベトベトして電車などで人と触れたくないですよね。
この「汗」、そもそも体にとってどんな働きがあるのでしょうか。

汗の一番大切な働きは気化熱による「体温調節」

日本人の体温は、平均約36.9℃で、1日の体温変化は、1℃以内におさまるのが普通です。人の体温は、約37℃に保たれ、エネルギーの75%以上が熱に変換され、体温の維持に使われます。
風邪などで高熱が出ると体がだるく動けなくなることがありますよね。これは、脳が体の中で最も温度に敏感で、体温が通常より1~2℃上がったことで異常をきたしているからです。脳は、最も盛んに代謝がおこなわれるので、温度調節が大事なのです。

では、私たちはどのように温度調節をしているのでしょうか。
お風呂から出て体が濡れたままでいると、体が冷えていく経験をした事はありませんか?
体が濡れていると表面の水分が体温を奪って蒸発し、冷えてしまいます。この、水分が気体になるときに周囲から吸収する熱のことを気加熱といい、汗もこの気化熱の仕組みを利用しています。気温や運動で体温が上昇した時、必要以上に体温が高くならないように汗が体の表面を濡らして体温を調節しているのです。

日頃から汗をかいて良い汗を流す体になろう

最近は、運動不足や汗をかくことを嫌がり、冷房の中にいる人が多くなりました。
汗をかかないと、汗腺の機能が下がり、ベタついた悪い汗をかきます。この汗腺の機能低下により、体の他の成分までも排出され臭い汗になりやすくなります。
また、汗の量が減るとホルモンバランスが崩れ、免疫力低下を招くことも。日頃から汗をかいている人は汗腺が水分のみを排出し、サラッとしたニオイの少ない汗を流すことができます。
普段、汗をかけなければ、ぬるめのお湯にゆっくりつかり、汗腺を刺激して機能を高めることも効果的です。
また、手足浴も効果的で、高温の43~44℃の熱いお湯に、膝下と手先からひじまで10~15分浸すと、代謝が上がることで体調もよくなり、驚くほど汗をかきます。
岩盤浴もお勧めです。遠赤外線の効果で、体の深部から温まり、汗をたっぷりかけます。これらの方法でかく汗も、汗腺の機能を上げ、体内の老廃物を排出する効果があります。暑い季節だからこそ、良い汗をかく習慣をつけて、健やかな体づくりを目指しましょう。

無臭の汗と臭う汗の違い

汗には、「エクリン汗」と「アポクリン汗」という2種類があります。
「エクリン汗」は、全身にあるエクリン腺という汗腺から出る、サラっとした普通の汗です。この汗の成分は99%が水で、1%は塩分、尿素、乳酸です。
「エクリン腺」は、血漿(けっしょう)の中で、必要になるミネラルなどを血液に戻す「再吸収機能」があります。全てが再吸収されませんが、この機能によって、サラっとした臭いの少ない汗になります。
もうひとつは、「アポクリン汗」といい、脇の下、乳輪、へそ、外陰部にあるアポクリン腺という汗腺から出る汗で、やや粘度があり、時間が経つと細菌によって分解され臭い汗となります。
臭いを防ぐには、食材の工夫や、こまめに汗を拭いて清潔にし、細菌の繁殖を防ぐ事が大切です。

食べ物と汗のニオイ

体臭と食べ物は深い関係にあります。
焼肉を食べた翌日、体臭が強く感じるのもそのせい。皮脂腺からの分泌物がニオイの原因となる場合が多く、食事内容の改善や汗の中のアンモニアを減らすことで体臭は少なくなります。臭いのもとは、動物性脂肪や動物性タンパク質などが大きく影響しているため、それらの摂取量を少なくすることや、食べあわせなどでニオイを軽減できます。

体臭、汗の臭いを減らす食材

◆天然醸造酢、梅肉エキス、黒酢、リンゴ酢
クエン酸などの有機酸が豊富に含まれる酢は、汗の中のアンモニア量を減らします。黒酢やリンゴ酢を20ml程度、水などで割って朝晩飲むと効果的です。
それ以外にも、緑黄色野菜や海藻類を多く摂る、硬い食物、繊維質の多い食物を十分に咀嚼しながら食べると臭いを減らすことができます。

体臭が強くなりやすい食材

◆肉、乳製品、辛いもの、ニオイの強いもの(ネギ・ラッキョウ・ニラ・ニンニクなど)
肉や乳製品は、食べ過ぎると汗の成分中に脂質が増え、臭いの原因になります。また、辛い食べ物も汗をかきやすくなり体臭が強くなります。

ニオイが強い食材は体によい食材でもあります。
体臭を減らす食材と組み合わせてバランスの良い食事を心がけることが大切です。

今月の美容・健康特集


ページの先頭へ